https://cloud.google.com/maps-platform/pricing/?hl=ja

googleMapが有料化しAPIKEYが必須となったので利用用途をまとめました。
クレジットカードの登録が必須になりますが月間200ドル分は無料で利用することができて、多くの場合は無料範囲内に収まる様です。

パターン 呼び出し回数
1.静的マップの読み込み(ウェブ)
Static Maps
100,000回
2.動的マップの読み込み(ウェブ)
Dynamic Maps
28,500回
3.GoogleMapからの埋め込み 無制限
※APIKEY不要


1.静的マップ

一般的なgooglemapの様にグリグリ動かせるものとは違い、画像として読み込む利用用途になります。
API KEYは必須ですが、マーカーを配置したりパスを書いたり柔軟です。
画像のフォーマットも、PNGやJPGなど選択できます。

埋め込み例

参考:Maps Static API

2.動的マップ

googlemapのライブラリを利用し、柔軟にマップをカスタマイズ可能。
肝心の読み込みのカウント方法については、マップを読み込んだ時点で1回とカウントされます。
拡大や移動ごとにカウントされない仕様でなので、ユーザがグリグリ操作したとしても無料範囲に収まりますが、リロードは1回とカウントされます。

埋め込み例


参考:Google Maps JavaScript APIの使い方

 

3.GoogleMapからの埋め込み

GoogleMapの共有機能からiframeで利用する方法。
GoogleMapから簡単に埋め込み用のソースをコピペできて、API KEYも不要なのでこだわりが無ければ一番使い安い利用方法です。

埋め込み例

今まで静的マップの存在を知らずにいましたが、使い方によっては便利なAPIではないかと思います。